ギターを弾く時、タッチについての注意ポイント

●ギターを弾く時、タッチについての注意ポイント

    

 よくあるのが「上手く弾いてるけど、音量が小さい」という点。家で練習するときに、音量を抑えているのがその理由です。「それなら、大きい音を出すためにはアポヤンドを使えばイイじゃん!」と思われるかもしれません、しかし僕はアルアイレも得意にすることをおススメします。
具体的にどうすれば良いでしょうか?ポイントは「ストローク幅」です。

まず、上の動画をご覧ください。開放弦でアルペジオを弾いてみました。

※HDにして頂くと画質がよくなります。

何故、音量が小さい演奏になってしまうのかと言えば、このようにストローク幅が狭いのが理由です。

 

それでは、もう少しストローク幅を広げてみましょう。

さっきより音量が出るようになりましたね。イメージとしては弓を引く時、弦を伸ばせば伸ばすほどその反動は大きいですよね。ギターの音量もその振動幅と同じです。

 

こんどは単音でみてみましょう。ストローク幅が狭いとこのようになります。

少し音が足りない感があります。指を弦にセット→プッシュ→リリースとイメージして

このようにします。

いかがでしょうか?結構古い教則本だと、「メロディラインはアポヤンドで」と書いてるケースが多いと思います。アポヤンドも素晴らしい奏法ですが、強調したい音に効果的に使うのがオススメです。

是非、色々なカラーを試してみて自分なりに音楽を創ってみてはいかがでしょうか?