ギターを弾く時、タッチについての注意ポイント

 よくあるのが「上手く弾いてるけど、音量が小さい」という点。家で練習するときに、音量を抑えているのがその理由です。

「大きい音を出すためにはアポヤンドを使えばイイ!」と思われるかもしれません、しかしアルアイレも同様に得意にすることをおススメします。

具体的にどうすれば良いでしょうか?ポイントは「ストローク幅」です。


まず、上の動画をご覧ください。開放弦でアルペジオを弾いてみました。

※HDにして頂くと画質がよくなります。

何故、音量が小さい演奏になってしまうのかと言えば、ストローク幅が狭いのが理由です。

 

それでは、もう少しストローク幅を広げてみましょう。


さっきより音量が出るようになりましたね。イメージとしては弓を引く時、弦を伸ばせば伸ばすほどその反動は大きいですよね。ギターの音量もその振動幅と同じです。

次に指を弦に一度セットして、完全に触れた状態からゆっくり弾きましょう。

では、普通に弾いてみます。

指に一度触れた状態から弾弦をすることが大切なポイント。ただ、このままでは少し音質が「キーン」という感じがしませんか?ですので角度を変えてみましょう。

 

手首の角度を垂直にしたバージョンと変えてみたバージョンの2つをやってみます。

このように、角度を変えるだけで音質が変わりましたね。では、もう少し分かりやすいようにフレーズを弾いてみます

こうすれば、2つの違いがハッキリ分かるかと思います。後半の方がまとまってた感があるのではないでしょうか?

このように弾き方を工夫すれば、演奏の幅も広がるので色々試してみましょう。

 

広告