弾き語りのコード進行で、どうやってソロフレーズを作れば良いか?

●コード進行の上に、オリジナルのフレーズとつけてみよう

 よくある質問に「どうやってコード進行から、ソロフレーズを作れば良いですか?」というのがあります。弾き語りの方に多いお悩み。

というのも、自分の持ってる引き出しが少ないと、プレイスタイルもワンパターンで面白くない為です。そのように感じたことはありませんか?

今回はコード進行でどのようにオカズの部分を入れていくのか、どのように表現の幅を広げていくのか、一緒に見ていきましょう。

 

 

●「夜空のムコウ」を例題に

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

「夜空のムコウ」を例題にみていきましょう。コード進行は上記の通りになるのですが、弾き方としては下記のようになる方が多いと思います。

ストロークのジャカジャカ弾きです。フィンガースタイルのアルペジオで弾くとこう

僕もときどき、ライブハウスで弾き語りの方と対バンすることもあるのですが、プレイスタイルは上の2パターンがほとんどです。

 

 

 

●表現の幅を広げるには、まず右手

ソロフレーズの作り方に入る前に、まずプレイの幅を広げるには「右手の引き出しをどれだけ多く持っているか?が大切」という事を話します。

 例えば、クラシックスタイルのトレモロ奏法で弾くとこう。

そして、メロディ部分を入れてみると。

このようになりますが、もう少しリズムを絞りたい場合は。

 このようになります。右手がポイントですよね。フィンガースタイルでもピックを使用した演奏でもそうなのですが、まずは右手の弾き方のバリエーションを多くもつことが、とても大切になってきます。

 

 

●メロディはまずコードの構成音で決めよう

さて、今回のコード進行で自分なりにソロフレーズをつけるなら、あなたならどのようなメロディを加えますか?即席でつくった僕の案もご紹介します。

まず、主旋律のフレーズですが。これはコードの構成音から適当に引っ張ってきました。また、ハーモニクスやパーカッシブ・アルペジオのエッセンスを取り入れてます。

こうしたバッキングで弾き語りができれば、イイですよね。ただ、歌と合わせるのが一段と難しくなります(笑)ただ、こういうのを自分一人でできるようになるとギターを弾くのが最高に楽しくなります。

さて、聴いて頂くと分かると思いますが、新しく考えたメロディはコードの構成音からごくわずかのものを乗せています。後は右手のバリエーションで対応。モチーフは非常にシンプルです。この記事ではフィンガースタイルがメインですが、ピックをしようしたカッティングを入れると表現がさらに豊かになります。

ですので、弾き語りの生徒さんをレッスンするときに一番心がけていることは、伴奏のパターンをどれだけ増やせるのか?を大切にしています。

 

さらに、詳しいことを話すと長くなるので、続きはレッスンでお会いしましょう。

・お問合せはこちら

広告