ギターで左手の自由度を上げるエクササイズについて

 

 

 

よくあるお悩みに「左手が思うように動かない!」というのがあります。

 

 

 

 

 

楽器を使う指使いは、普段の生活では中々やらないですよね。もっと、指を思うように動かせる方法は無いのでしょうか?もっと、思い通りの音を出すために指を自由に動かすことは?

 

 

 

 

 

今回、ご紹介するエクササイズは少し上級者向けの内容です。

 

 

 

 

 

さて、トレーニングに入る前に大切な考えがあります。それは、「フレットはブロックで捉える」ということです。

ブロック②

 

もちろん、例外はありますが左手の指使いは上のように「人・中・薬・小」で完結します。

 

 

 

 

 

 

 

ならば、想定できる指の動きを一つ一つ意識しながら練習すれば良いのではないでしょうか。下のタブ譜をご覧ください。

 

 

1

 

 

人差し指からはじまるエクササイズです。譜面では2弦の1フレットから4フレットまで使用しますが、あなたが弾きやすい弦・ポジションに変更しても大丈夫ですよ。しかし、右手は必ずamiの順番で練習しましょう。imでもいいのですが、せっかくなので右手もあらゆる動きを想定しながらトレーニングした方が効果的ですよ。アコギ・エレキのピック弾きの方は必ずオルタネイトでやりましょう。

 

 

 

 

人差し指の次は中指。

 

2

 

 

 

そして薬指

3

 

 

最後に小指からはじまるパターンです。

4

 

 

 

 

いかがでしょう?これなら短時間で左手のパターンは全て網羅する形になります。練習をはじめる前の準備運動に使ってください。これを毎日繰り返せば、必ず左手は動くようになります。ファイト!