ギターの指弾きを得意にできるパターンをまとめました

 よくある悩みに「フィンガーピッキングが難しい」というのがあります。特にアコギの方で指弾きにプレイスタイルを変更する場合、戸惑うこともあると思います。

そこで今回は「これだけ練習しておけば大丈夫」というものを選んでみました。ここで紹介するアルペジオを全てマスターすれば、かなり指も動かしやすくなっているでしょう。

 

~エクササイズのルール~

親指   → 6弦

人差し指 → 3弦

中指   → 2弦

薬指   → 1弦。

 

●基本のパターン

まずは基本のパターンを2種類。

親→薬→中→人と親→人→中→薬のパターンです。ポイントは弾弦をした際、次に弾く指は弦にあらかじめ触れてる状態になること。ゆっくり一つ一つの動きを確かめながらやっていきましょう。

 

●変化を加えたパターン

上記2種類に慣れたら今度は変化をつけます。

親→薬→人→中と親→人→薬→中のパターンです。少し動かしにくくなってきたのではないでしょうか。薬指の独立を図るのが目的です。薬指の音だけ大きくならないよう、均等になるように練習しましょう。

 

●中指の独立

次に中指をトレーニングしていきます。

こちらも全ての音が均等になるよう。ゆっくり練習してください。この練習の目的は速く弾くことではなく、それぞれの指を分離・独立することにあります。

 

●仕上げ

では最後の仕上げです。以下の3つのパターンを練習しましょう。

同時に弾くパターンが追加されました。特に3番目は少しイジワルな指の動かし方です。しかし、このエクササイズに慣れるころには右手が動かしやすくなっていますよ。時間をかけて頑張ってください。

 

では、もう少しバリエーションを加えたパターンを9つ紹介します。毎日練習して右手を動かしやすくしましょう!